インテリアコーディネーターの試験って難しい?勉強時間はどれくらい?

気になる資格の難易度をご紹介します。

 

インテリアコーディネーターの資格の難易度としては、国家公務員試験や司法試験などを5とした場合に一般的に5段階で表した場合、3段階のレベルだと言われています。

 

試験の合格するための合格点ってどれくらい?
1次試験に合格する為の合格ラインは70%〜75%に正解率が必要です。けれど、1次試験の問題はマークシート式になっている為、解答はしやすいかと思います。そして、実際の1次試験の合格率は2015年度の場合には29.2%で比較的高く、例年は25%前後となっています。

 

1次試験では決して、簡単に取得する事ができる資格とは言えず未経験の方からすると専門的要素も多く比較的難易度は高いかと思います。

 

また、プレゼン、論文の試験がある2次試験は合格率は高く60.4%が合格をしています。

 

インテリアコーディネーターは特別な学校での勉強は不要になっていますが、だからと言って、独学でそう簡単に取得する事ができる資格でもありません。その為、多くの人が通信講座などを利用し、効率よく勉強し、受験をしています。もちろん、専門書を購入し、独学でも受験はできますが、実務経験者以外の未経験者であれば通信講座などを利用した方が合格率というものは良くなるのではないかと思います。

 

1次試験・2次試験の試験の内容とは

1次試験の特徴は、マークシートで160分。ほとんどが、暗記の内容になってきます。その暗記の範囲は、カーテンや家具といったものから、建築に関わるものまで幅広く出題されるため、いかに効率よく思えるかが勝負になってきます。

 

2次試験においては、論文とプレゼンテーションになっており、論文では、専門知識を活かした文章力。そして、プレゼンテーションでは、課題に合わせ、インテリア計画の力、製図力が試されるようになっています。1次試験とは違い、総合的な力が試される、そんな試験になっているのです。

 

このように、インテリアコーディネーターの資格を取得する為には、暗記と総合的な力が必要不可欠となっており、丸暗記だけでは試験に合格する事は出来ず、決して、簡単に合格する事ができる資格と言う事は言えません。

 

インテリアコーディネーターの仕事を行う為には、資格の取得が必要です。そんな、インテリアコーディネーターの受験資格は、特に不要で誰でも受検可能な資格になっています。その為、特別な学校を卒業していなくても可能なのです。ただし、2次試験を受ける際は、1次試験に合格しておく事が必要です。

プロが教える!インテリアコーディネーター専門学校・講座

 新時代を創造するデザイン専門校 東京デザインプレックス研究所
次代の「プロフェッショナルデザイナー」「コンテンツクリエイター」を育成する専門学校
東京デザインプレックス研究所は、インテリアコーディネーターのみならず空間デザインなどインテリアに関するカリキュラムが充実!現役で活躍しているプレックス授業を実施!本気でインテリアを学びたいと思っている方におすすめ!

詳しくはこちら

BrushUP学びで資料請求!
インテリアコーディネーターの資格試験に合格したいならを資料請求!
通信講座の王道 ユーキャンで学習!!ユーキャンの教材は、未経験の方でもやさしく学べる! わかりやすいテキストに加え、DVD教材も豊富。さらに、きめ細かい個別添削で合格力がグンとアップ! 大手だから就職などアフターケアが抜群です!安心して試験に挑むことができるでしょう!!資料請求だけでもインテリアコーディネーター試験の傾向がわかるかも

詳しくはこちら

 ヒューマンアカデミー
セカンドキャリアを目指す社会人に特におススメ!
ヒューマンアカデミーは、全国で46校舎ある専門学校。未経験からの受験でも安心の現役コーディネーター講師による指導!キャリアアップのための実務知識習得や各種資格取得、就転職を目指す社会人の方、学生の方におすすめ!

詳しくはこちら