就職・転職する

インテリアコーディネーターの就職・転職する際は、求人サイト・求人情報誌・新聞などの募集広告からの就職が一般的です。

 

現在売り手市場になっているので企業もより良い人材を求めています。そのほかに福祉住環境コーディネーター・カラーコーディネーター、2級建築士などの複数資格取得をすることでアピールしても良いでしょう。インテリアショップなどでの店内に求人の掲示でアルバイトや契約社員で経験を重ねてから正社員を目指しても良いでしょう。インテリア業界では、実務経験を積むことが大切です。例えば、転職でインテリア業界の仕事を探すと多くの企業が実務経験を求めているのが現状です。

 

就職・転職

就職サポートを利用

インテリアコーディネーターになりたてという場合は、専門学校・通学講座・通信講座などの就職サポートを利用しましょう。就職情報など様々な情報を持っています。しかし、インテリア関係の学校に通えば100%就職できるというわけではありません。担当の方とよく相談して就職活動を行うのが良いでしょう。

 

就職する場合には、多くの企業がいままでにやってきた自身の作品を提出して就職活動を行います。学校・通学講座で作品を手がける場合は全作品を真剣に取り組むように心がけてください。

 

また、その他の方法としてインテリアコーディネーターの資格を取得された方は、人材紹介・人材派遣会社に登録してみるのもよいのではないでしょうか。